スポンサーリンク

胆嚢摘出手術に挑む(手術当日)

胆嚢摘出手術当日

手術時間は、13時からの予定です。

もう朝から絶飲食です。なんとなくのどが乾くけど我慢です。

下剤もかなりきいてたみたいです。夜中もお腹がゴロゴロいってました。

朝からも何度かトイレに行きます。トイレ付きの個室でよかったわ。

 

麻酔医の説明を聞きます。救急救命士の挿管練習を可能としてましたが、救急救命士が忙しく、麻酔医がやります。と言ってました。

 

最後に浣腸をします。トイレに行きます!もう便は残ってないのかな。

点滴用の針を刺して、手術の準備です。

 

点滴用の針を刺すの失敗された。点滴や採血で失敗されるのは初めてでした。びっくり。

上手下手があるのは前からわかっていたが……。

 

 手術中は家族が1人病院で待機です。私の両親が来てくれました。

 

旦那は、僕は医者じゃないから病院にいても何もできないし、何かあってから呼んでもらったらと仕事に行ってしまった。

 

少し早めの12時25分に手術室に呼ばれました。

 

名前や手術の名前を言って、手術台に乗りました。胆嚢摘出腹腔鏡下手術始まります。

もうそこからは、全く記憶がありません。

 

 

 

 

次に気がついた時には、病室に帰ってました。

時間を聞いたら15時50分

 

頭がボーってしていたり、少し吐き気がしたり、中でも腕が痛かった。

 

膝を曲げて、柔らかいクッションの上に置いてもらうと少し楽になりました。 それからも、目が覚めたり、眠ったりの繰り返しでした。

 

18時頃にはスッキリしていました。

 

意識がしっかりしてきたので、両親には帰ってもらいました。7時間も病院に張り付いてくれてありがとう。

 

体には、心電図の線や尿管には排尿用の管等が繋がれて身動き取れないよ。足もマッサージ器みたいなのが巻かれてました。

 

夜9時に

飲み物を飲んでもオッケーとなりました。ドキドキしながら飲んだけど、普通。

 

ERCPの時のチクチクした痛みが忘れられないの。

 

同じ体勢で腰が痛かった。横向きになりたくてもなかなか動かない。

そんなこんなで、朝を迎えます。

 

痛み止めを点滴しているので、そんな激痛とかでは無かったです。

胆石

 

tojun.hatenablog.com

 

tojun.hatenablog.com

 

 

 

 

スポンサーリンク