スポンサーリンク

鼻から胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

 

胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)をしてみました。

先日、急にみぞおちが痛くなり、病院で診てもらいました。薬を飲んで痛みは治まったのですが、やっぱりモヤモヤするので、検査して大丈夫だ!って分かった方がいいと思いました。

 

tojun.hatenablog.com

 胃カメラ検査の結果としては、異常なしです!!

癌とかポリープとか見つかったらどうしようかと思ったけれど。大丈夫でした。

自分で画像見ても,おお!身体の中ってこんな感じなんだーと感心しました。

胃カメラ経鼻内視鏡検査)は初めての体験でした。

口から入れるはしんどいってよく聞くので、行った病院で鼻からの胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)って聞いてやってみようと思いました。

近所で麻酔している間に検査してくれる病院もあるのですが、そこまではしなくてもいいかなと思い、鼻から胃カメラ経鼻内視鏡検査)に決めました。

 

胃カメラ経鼻内視鏡検査)前日

前日は夜の9時以降は何も食べないで下さいと言われた。少量な水はオッケーです。 十分な睡眠もとりましょう。

胃カメラ経鼻内視鏡検査)当日

朝です。 子どもの朝ごはんを食べるのをじーっと眺めてました。 「お母さんは食べちゃダメだよ。」とお兄ちゃんに言われながら。 お兄ちゃんを幼稚園に送って、弟くんも幼稚園の預かり部屋に連れて行きます。弟くんも慣れた感じでバイってしてくれた。 さあ病院へ

病院に午前9時到着

まずは、胃の中をきれいにする消泡剤を飲みます。

300㏄くらいかな?ビーカーみたいなので飲みました。初めは柑橘系の味で飲みやすいがだんだん飲みにくくなっていきました。

この太さのものを鼻から入れます。

と細いのと太いの2本見せられました。鉛筆より少し細いくらい??そんなん鼻に入るのか。

女性の場合は鼻の穴が細く、胃カメラ経鼻内視鏡)が挿入しにくいことがあるそうです。私もどうかな?ちょっと痛いかもしれないねと何度も言われました。

ベッドに横になります
両鼻にシュシュとスプレーされました。

耳鼻科に行ったときにされる、ツーンとくるやつですね。内視鏡の通りが良くなると説明がありました。

片鼻に麻酔を注入

時間を少しおいて先ほど見せられた鉛筆より少し細いチューブを鼻に挿入しました。まず細いほうを入れて少し待ち、後で太いほうを入れて少し待ちました。事前に同じような太さのものを入れて鼻を慣らしておく感じかな。

そしていよいよ内視鏡の挿入です。

やっぱり怖いです……

もう唾を飲み込むとしんどいので全て外に垂れ流しです…

口から胃カメラを挿入する場合は、喉の奥の舌のつけ根に触れて吐き気が模様されるようですが、鼻からの胃カメラ挿入の場合はそれが無いので吐き気は感じません。

それでも、のどの奥辺りを通るときは極限の違和感を感じて「止めてくれー」と言いそうになりました。

でも、喉元過ぎれば…というように、そこは気になるけれど、お腹の中は全く感覚なく順調に胃カメラは回されました。息をすったりはいたりしながら。あっという間に終了です。

お腹の中ってこんなのなのね。意外とひとつひとつの臓器はは小さいのかもしれない。

9時45分に検査終了です。

あっという間です。

飲食は、終わってから一時間後からにしてください。まずは飲み物から。つっかえるようであれば、さらに30分あけてと。

鼻は麻酔をしているのでほとんど感覚なくて、鼻水がたらーとかなり出てから気が付く。でもそれも30分くらいで解消されました。

胃カメラ検査の後もベッドからすぐに起きることができたし、帰りにスーパーで買い物して、弟君を幼稚園に迎えに行って、すぐに日常生活に戻れました。

結局、食事は終わってから2時間後でしたが、何の違和感もなくがっつり食べました。

 

病院で、空腹時なので基本の血液検査をしてもらいました。採血はひさしぶりでした。

ピロリ菌の有無も調べてもらいます。

結果は1週間後です。たぶん異常ないでしょう。

 

 

鼻から胃カメラ経鼻内視鏡検査)、何となく終了できました。口から胃カメラしたことないので、比べることはできませんが、我慢できないくらいではありませんでした。

でも、今度やるときは、麻酔でうとうとしている間に検査してくれる病院を選ぶかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク